略歴

莇貴彦 (AZAMI Takahiko)

1981年、神奈川県横浜市生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業。美術大学助手やアートスペースの運営、展示エンジニアを経て現在は展覧会の設計・制作やインスタレーション作品のコーディネートを行う。モーターなどを用いた動く作品をつくったり、ちょっとかわった場所での展覧会を企画して作品を発表をしている。





主な展覧会

光波:視覚 / Gallery COEXIST-TOKYO (企画・2016)
大気(air):旋律(air) / Gallery COEXIST-TOKYO (2015)
ひかるどうぶつえん / 横浜市立金沢動物園 (2014/2015/2016)
不可解のリテラシー / 東京都美術館ギャラリーA (2013)
都市に潜む / 東京メトロ銀座線渋谷駅高架下 (2011)
Papuning -Plug&Plays- / 辰野美術館 (2010)
Papuning / IID GALLERY (2008)
TOKYO DESIGNER'S WEEK 2007 "Container Ground" / 明治神宮外苑 (2007)
INSIGHT VISION II / 多摩美術大学情報デザイン・芸術学棟 (2007)
うごく妄想展 / ギャルリー志門 (個展・2005)
DEGITAL ART FESTIVAL 東京 / パナソニックセンター東京 (2004)
2004アジアデジタルアート大賞 受賞作品展 / 三菱地所アルティアム (2004)




作品

cumulus (2015) movie
ハンペン (2014) movie
カーテンを開閉するための装置 (2014) movie
あれとそれとこれと (2013)
ギンザ線ディスコ (2011) movie
フライング・ウォーターパーク (2010) movie
100個のボールを落下させるための装置 (2010) movie
バーチャル稲荷大社 (2008) movie
趣味の遺伝 (2008)
東京湾のためのスケーリング (2007) movie
hoehoehoe (2007)
大森町(石見銀山)のための記録装置 (2006) movie
ひとつの状況 (2006) movie
サマータイムグリーン (2005) movie
空もとべるはず (2005)
巣くう (2004) movie
841 (2002) movie




お問い合わせ

takahikoazami[at]gmail.com